院長

日本タバコフリー学会学術大会

投稿日:2017年9月28日 更新日:

9/17.18 慶應義塾大学医学部において日本タバコフリー学会に参加しています

頭頸部がんの発症にタバコと飲酒が大きなウェイトを占めていること  が報告されました

タバコ、飲酒が原因となっている割合は72%

タバコ単独で33%. 飲酒単独で4%

タバコ+飲酒で35%

頭頸部の部位において人口寄与危険割合は  喉頭89%.咽頭72%.口腔64%

頭頸部がんの原因として喫煙が最も重要な因子である 

また、受動喫煙を含むタバコの害が、健康、社会、環境、経済に及ぼす破壊的な影響が大きいことが示されました

-院長

関連記事

耳鼻科とインプラントのセミナー

今日は上顎インプラントと耳鼻科の処置、術前、術後のケアについてのセミナーに参加しました。

AO Meeting Tokyo

7/8-9 アカデミーオブオッセオインテグレーション(アメリカの世界最大のインプラント学会)の東京大会に参加しています

no image

サイナスリフトセミナー

サイナスリフトセミナー 歯科と耳鼻科の連携医療によるサイナスリフトセミナー(歯科医師向け)を4月17日(日曜日) に行います。 インプラント治療をされているクリニックの先生方、あるいはサイナスリフトま …

no image

ビタミンCは白血病発生を抑制

イギリスの総合学術雑誌Natureに、ビタミンCが白血病を抑制するという研究結果が発表されました ビタミンCは造血幹細胞の機能と白血病の発生を調節しているとのこと、ビタミンCの重要性を再認識させられま …

no image

サイナスリフトセミナー

2月19日、日曜日、歯科医科連携医療研究会 サイナスリフトセミナー、合併症の術前予防、術後合併症について  慶應義塾大学に於いて 講師は、慶應義塾大学耳鼻咽喉科、國弘幸伸先生 神戸口腔インプ …