院長

日本タバコフリー学会学術大会

投稿日:2017年9月28日 更新日:

9/17.18 慶應義塾大学医学部において日本タバコフリー学会に参加しています

頭頸部がんの発症にタバコと飲酒が大きなウェイトを占めていること  が報告されました

タバコ、飲酒が原因となっている割合は72%

タバコ単独で33%. 飲酒単独で4%

タバコ+飲酒で35%

頭頸部の部位において人口寄与危険割合は  喉頭89%.咽頭72%.口腔64%

頭頸部がんの原因として喫煙が最も重要な因子である 

また、受動喫煙を含むタバコの害が、健康、社会、環境、経済に及ぼす破壊的な影響が大きいことが示されました

-院長

関連記事

日本口腔インプラント学会

9/17.18 日本口腔インプラント学会、名古屋に参加しました。

循環腫瘍細胞、循環腫瘍幹細胞セミナー

今日は、循環腫瘍細胞(CTC),循環腫瘍幹細胞(CSC)セミナーに参加しました。 がん細胞は手強いです。標準治療の他免疫療法、補完療法、サプリメント、他をうまく組み合わせていかなくては効果は中々得られ …

no image

歯科アマルガム中毒

歯科アマルガム中毒 歯科の詰め物であるアマルガムの水銀が体内に侵入するのは、水銀蒸気の吸入、溶けたり摩滅されたアマルガムの小片の飲み込み、溶けた水銀と水銀蒸気の口腔粘膜による吸収、歯から組織への直接の …

Malo先生講演

今日はポルトガルのMalo先生の久々の講演に出席しています。

國弘、渡部ジョイントセミナー

11/20日曜日、今日は一日副鼻腔とサイナスリフト、ザイゴマインプラントのセミナーに参加しました。 大変有意義なセミナーでした。