院長

循環腫瘍細胞、循環腫瘍幹細胞セミナー

投稿日:2016年8月21日 更新日:

今日は、循環腫瘍細胞(CTC),循環腫瘍幹細胞(CSC)セミナーに参加しました。

がん細胞は手強いです。標準治療の他免疫療法、補完療法、サプリメント、他をうまく組み合わせていかなくては効果は中々得られません。

CTC検査で抗がん剤の感受性をみたり、補完療法の効果を検討したり、どのサプリメントが効くのかわかります。

がん治療は個別治療の時代ですね。

-院長

関連記事

ノーベルバイオケアグローバルシンポジウム

ノーベルバイオケアグローバルシンポジウム参加のためニューヨークに来ています.星の王子様ニューヨークに行く、メイドインマンハッタン等々の映画に出てくる Waldorf Astoria Hotel が会場 …

no image

セラミックインレーについて

よく質問がありますセラミックインレーについて、特徴や保険治療との違いなど簡単に説明いたします ジルコニアインレー特徴は白くて強い材料である事ですただし、あまり透明感はありませんもう一つ弱点は接着性がや …

no image

静脈内鎮静法について

東京都練馬区栄町(江古田駅、新桜台駅) おざわクリニック(歯科・口腔外科、インプラント、耳鼻咽喉科)です 静脈内鎮静法について解説します 一般的に患者様は歯科治療は怖いと思われていることがほとんどと思 …

DR.アレッサンドロ・ポッツィ

5/13 今日は、イタリア・ローマのアレッサンドロ・ポッツィ先生のインプラントの講演会に出席しました。 とても素晴らしい綺麗な症例と治療戦略、参考になりました。

no image

インプラント治療費用について

インプラント治療費用についてよくある質問 インプラント治療は、同じ商品をデパート・安売り路面店・ネット通販等で購入できる物販と違い、経験とか技術力・設備等で全く異なります。 ノーベル・ストローマンなど …