院長

循環腫瘍細胞、循環腫瘍幹細胞セミナー

投稿日:2016年8月21日 更新日:

今日は、循環腫瘍細胞(CTC),循環腫瘍幹細胞(CSC)セミナーに参加しました。

がん細胞は手強いです。標準治療の他免疫療法、補完療法、サプリメント、他をうまく組み合わせていかなくては効果は中々得られません。

CTC検査で抗がん剤の感受性をみたり、補完療法の効果を検討したり、どのサプリメントが効くのかわかります。

がん治療は個別治療の時代ですね。

-院長

関連記事

no image

第48回日本口腔インプラント学会学術大会

2018年9月15日と16日、大阪国際会議場で開催された第48回日本口腔インプラント学会学術大会に出席しました 今回の学術大会でも、インプラント治療で最も多い合併症である副鼻腔のトラブルについて活発な …

no image

歯科インプラント治療にCTは必要?

東京都練馬区江古田、おざわクリニック(おざわ歯科医院)には歯科インプラント相談の患者様が数多くいらっしゃいます 先日、ある患者様の質問で、他院でインプラントの相談をしたところインプラントの検査でCT検 …

インプラントリスク説明会

10/16日曜日、インプラントのリスクについて説明会を行いました。

オゾン療法セミナー

今日と明日は血液オゾン療法のセミナーに2日間びっしり勉強会です。 米国、オゾン療法学会会長のシャレンバーカー先生のセミナーです。 かなり、詳細に基礎と臨床の講演をされていました。 歯科口腔外科分野にも …

日本タバコフリー学会学術大会

9/17.18 慶應義塾大学医学部において日本タバコフリー学会に参加しています 頭頸部がんの発症にタバコと飲酒が大きなウェイトを占めていること  が報告されました タバコ、飲酒が原因となって …