院長

日本タバコフリー学会学術大会

投稿日:2017年9月28日 更新日:

9/17.18 慶應義塾大学医学部において日本タバコフリー学会に参加しています

頭頸部がんの発症にタバコと飲酒が大きなウェイトを占めていること  が報告されました

タバコ、飲酒が原因となっている割合は72%

タバコ単独で33%. 飲酒単独で4%

タバコ+飲酒で35%

頭頸部の部位において人口寄与危険割合は  喉頭89%.咽頭72%.口腔64%

頭頸部がんの原因として喫煙が最も重要な因子である 

また、受動喫煙を含むタバコの害が、健康、社会、環境、経済に及ぼす破壊的な影響が大きいことが示されました

-院長

関連記事

日本メタルフリー歯科学会

11/26 土曜日、名古屋で日本メタルフリー歯科学会に参加しました。

no image

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法について説明します 「高濃度ビタミンC点滴の6大効果」 1)抗酸化作用(活性酸素を除去) 2)がん予防、がん治療 3)疲労回復 4)免疫力向上 5)疲労回復 6)歯周病治療、予 …

no image

セラミックインレーについて

よく質問がありますセラミックインレーについて、特徴や保険治療との違いなど簡単に説明いたします ジルコニアインレー特徴は白くて強い材料である事ですただし、あまり透明感はありませんもう一つ弱点は接着性がや …

no image

インプラント説明・相談会

インプラント相談・説明会 2月14日(日曜日)、2月21日(日曜日)、3月6日(日曜日)午前10時より、おざわ歯科医院において、インプラント説明・相談会を実施します。 インプラント治療を考えている方、 …

no image

インプラント治療費用について

インプラント治療費用についてよくある質問 インプラント治療は、同じ商品をデパート・安売り路面店・ネット通販等で購入できる物販と違い、経験とか技術力・設備等で全く異なります。 ノーベル・ストローマンなど …