院長

歯科インプラント治療にCTは必要?

投稿日:2018年8月31日 更新日:

東京都練馬区江古田、おざわクリニック(おざわ歯科医院)には歯科インプラント相談の患者様が数多くいらっしゃいます
先日、ある患者様の質問で、他院でインプラントの相談をしたところインプラントの検査でCT検査は必要ないと言われたということでした
正直驚きました.CT検査を行わずにインプラントの手術をするのは無謀です
手術中に、こんなはずでは無かったとか、思ったより骨が無くてインプラントが入りませんでしたとか、上顎洞(副鼻腔)に抜けてしまったとか、術後に痺れが出たなどなどいろんなことが起こって来ます

建築家が設計図無くして建物を立てることはないですが、インプラントでも同じです
最終的に作る歯は、反対側の噛み合わせに合わせた設計をして、それに対応してその支えであるインプラントの軸の方向や、深さなどを決めていきます
建築で言えばビルを作る際のビルに当たるものが上部構造である歯です、地中の柱に当たるものがインプラントです
柱とビルの建物は全て計算されて作られているはずです

CTを撮り、インプラントのシミュレーションソフトで分析し、設計の上で設計どおりの手術を行うことが非常に重要になります
また、設計どおりの手術はフリーハンドでは成し得ません.
サージカルテンプレートを用いて、ガイド手術を行って初めて設計どおりの手術が出来るのです
したがって、レントゲンCTは必須となります

-院長


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

睡眠時無呼吸症候群

今日は、睡眠時無呼吸症候群の勉強会に出席しました。歯科の果たす役割は大きく、また、当クリニック、耳鼻科との連携により、よりスムースな医療を提供できたらと思います。 おざわクリニックでは、口腔内装置(O …

Malo先生講演

今日はポルトガルのMalo先生の久々の講演に出席しています。

インディアナ大学講演

インディアナ大学歯学部インプラントコース第6期第3回講義 2016.12.11 品川グースホテルにおいて、 上顎のインプラント治療、サイナスリフト、ソケットリフトの注意点、解剖学の重要性について 上顎 …

日本メタルフリー歯科学会

11/26 土曜日、名古屋で日本メタルフリー歯科学会に参加しました。

no image

サイナスリフトセミナー

2月19日、日曜日、歯科医科連携医療研究会 サイナスリフトセミナー、合併症の術前予防、術後合併症について  慶應義塾大学に於いて 講師は、慶應義塾大学耳鼻咽喉科、國弘幸伸先生 神戸口腔インプ …