院長

第48回日本口腔インプラント学会学術大会

投稿日:

2018年9月15日と16日、大阪国際会議場で開催された第48回日本口腔インプラント学会学術大会に出席しました
今回の学術大会でも、インプラント治療で最も多い合併症である副鼻腔のトラブルについて活発な議論が行われました

中でもサイナスリフト(上顎洞底挙上術)を安全に行うためのシンポジウム会場には参加者が立ち見の状態になるほど関心が高いセッションでした

この種の講演で毎回注意喚起をしているのがソケットリフト(歯槽頂からの垂直アプローチによるサイナスリフト)による副鼻腔炎、あるいはインプラントの上顎洞炎迷入の危険性についてです
ラテラルアプローチ(側方アプローチ)によるサイナスリフトの手術を習得していないでソケットリフト手術を行っってはいけない、このことについては、イブニングセミナー・上顎洞底挙上術の合併症の中でも同じことを講演されていました
また、上顎のインプラント治療では耳鼻咽喉科との連携が必要であることが強調されました

-院長


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

血液オゾン療法

血液オゾン療法のセミナーに参加しました。 歯科・口腔外科・インプラント治療にこれからオゾン療法は強力な治療法の一つとなるでしょう。

循環腫瘍細胞、循環腫瘍幹細胞セミナー

今日は、循環腫瘍細胞(CTC),循環腫瘍幹細胞(CSC)セミナーに参加しました。 がん細胞は手強いです。標準治療の他免疫療法、補完療法、サプリメント、他をうまく組み合わせていかなくては効果は中々得られ …

日本メタルフリー歯科学会

11/26 土曜日、名古屋で日本メタルフリー歯科学会に参加しました。

no image

ノーベルバイオケアセミナー

5/21 日曜日、ノーベルバイオケア本社研修室において、”長期安定性を獲得するためのガイドサージェリーおよび実習” の講演を行いました。

no image

ビタミンCは白血病発生を抑制

イギリスの総合学術雑誌Natureに、ビタミンCが白血病を抑制するという研究結果が発表されました ビタミンCは造血幹細胞の機能と白血病の発生を調節しているとのこと、ビタミンCの重要性を再認識させられま …