院長

セラミックインレーについて

投稿日:

よく質問がありますセラミックインレーについて、特徴や保険治療との違いなど簡単に説明いたします

ジルコニアインレー
特徴は
白くて強い材料である事です
ただし、あまり透明感はありません
もう一つ弱点は
接着性がやや弱いです
現時点での素材の中では良い材料です

もう一つの素材として、セレックという名前のセラミックがあります
透明感があって綺麗です
値段もジルコニアより安いです(クリニックによって違います)

接着力は強いです
弱点としてはジルコニアと比べて強度がやや弱いという事です

健康保険の治療ですが
インレーの場合は
金属インレーか
レジン(プラスチック)インレーになります

保険金属の場合は、見た目の問題と金属による体への健康の問題、精度の問題等があげられます

レジンインレーの場合は
弱い、割れる事がある、変色するなどです

もう一つの治療法として、セラミックではありませんがダイレクトボンディングという方法です
自費のレジン充填材を使います
この方法は、虫歯があまり広がってない場合に適応になります(深さは関係ありません)
費用もジルコニアに比べて安いです(クリニックよって違います)
特徴としては
見た目が綺麗です、隙間ができません

何よりも低侵襲治療(削る量が少なくてすみます;歯質を残すことができる)
弱点としては
長年使用していると摩耗してきます、やや変色もしてきます

-院長


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本メタルフリー歯科学会

11/26 土曜日、名古屋で日本メタルフリー歯科学会に参加しました。

國弘、渡部ジョイントセミナー

11/20日曜日、今日は一日副鼻腔とサイナスリフト、ザイゴマインプラントのセミナーに参加しました。 大変有意義なセミナーでした。

サイナスリフト、再生医療セミナー

10/30 都内においてサイナスリフト、耳鼻科的リスク、再生医療、ピエゾエレクトロニックサージェリーについてセミナーを開催しました。

インプラント説明会

3月6日 おざわ歯科医院において、インプラント説明会を開催しました。インターネットのホームページではわからない詳しい説明に参加されているかたは納得しておりました。 特に、インプラントのリスクと、インプ …

インプラントリスク説明会

10/16日曜日、インプラントのリスクについて説明会を行いました。